2015年09月26日

7年半検診では、久々に細胞診!

 1年に1度しか通院しないと、ブログの書き方を忘れる…。そんな状態で行った7年半検診。ってか、1年前の記事を見るまでは「あれ、私、8年経った?どうだっけ?」といった平和ボケした感じだったけど、エコーで対側にしこりが見つかり、細胞診をすることに。

 「1ヶ月前に主治医に触診してもらった時は無かったと思うんだけど」と怪訝に思い「卒乳したとはいえ乳汁が溜まっていただけじゃな〜い?」と呑気に構えて1週間後に結果を聞きに行ったのが、今月初めのこと。結果は、乳管内乳頭腫じゃないか、ということで半年後に予約を入れて経過観察になった。因みに、今回の検査は、主治医による触診、マンモ、エコーだけだけど、マンモでも対側に気にするほどじゃないと言われるような小さな石灰化が…。

 これまではずっと主治医の診察日は予備日として仕事を入れずにいたのに、今年から「もういいか?」と思って仕事の予定が入った途端にこの結果。「細胞診の結果は一週間後に聞きに来て下さい」と言われた時、初発の時は朝一に結果を聞きに行って、そのまま告知を受け、その後で午後から授業をしたことを思い出し、今回は仕事の後、一番遅い時間を無理言ってお願いして夕刻に設定してもらったけど、子どものお迎えの時間には間に合わなくなっちゃうから、迎えはメェメェにお願いすることに。
 
 子育てして仕事して、それなりに忙しくも充実していた日々に暗雲が立ち込めた感じだけど、ハテ半年も待ってというか放置して大丈夫なのかしらん?しこりの大きさは1.6センチとそれなりに大きい!エコーの一ヶ月前の触診では主治医も気付かなかったらしいし、それなりに大きいわけだから、たまたま針刺した部分が良性だっただけで、別の部分が悪性だったら、危険じゃないの!

 そもそも、良性でも私の場合、左側に前科があるわけだし、爆弾抱えた気分でこの先もずっと経過観察するくらいなら、摘出をお願いしたい気もするけど、大学病院なんかだと、乳管内乳頭腫なら手術しないのかな。仮に、豊胸とかもやってるバストクリニック的な所に相談して、良性のうちに乳腺を全部取ってもらって、ついでに左右差も整うように皮下乳腺全摘+プチ再建みたいに出来ないかしら。この場合、医療費じゃなくて、自費での扱いになるだろうから、費用もかかりそうだけど。

 そーいや、初発の時も最初に検査結果が出たのは今時分で、5×7ミリのしこりだったのが、12月に測ったら少し大きくなっていて、細胞診だけじゃ結果がグレーで、もう少し太い針を刺して、年明けに告知されたんだった。何か気になることがあれば、半年後じゃなくても来てください、と言われていることだし、年内に何らかの形で動いてみようかなぁ…。続きを読む
posted by スマイリー at 22:11| Comment(2) | 【6】その後の通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする