2017年08月12日

あ、ログイン出来てるみたい?

 書き方を忘れて、放置していたら、最後の記事から2年近く経ってしまった…。先月、9年目(?)と思しき検査(今回はマンモと主治医による触診)をパスしたところ。

 2年前の夏の検診で、対側に見つかったシコリが気になり、1年放置する勇気がなかったから、半年後くらいを狙い目にムリヤリ、理由を付けて2016年の年明け早々にもエコーをお願いしたけれど、大きさは変わらなかった。そこで、更に半年後の2016年の夏にはマンモ、2017年の冬にはエコーをして、先月には再びマンモ。

 術後は1年ごとの検査で良いですよ、と言われていたけど、半年ごとに交互にしてもらう方が、何となく安心でね。現時点では、対側のシコリは乳管内乳頭腫、術側にも石灰化はあるけれど、気にしなくて良いでしょう、という状態。

 半年後の冬にある検査が10年目に当たるのよね、きっと。数年前から血液検査すらしてなかったけど、10年目は節目だから色々するのか尋ねてみたけど「希望があるのなら…」ということで、主治医からの提案は特に無いようだ。というか、大学病院故に「一応、フォローは10年まで」「次の冬、そしてその夏が最後」ということを聞き、妙に感慨深かった…。
 
 診察終了後、別の医師?(←白衣姿や立居振る舞いから察するに、看護師とかアドバイザーとも違うような気が…)から、遺伝子検査についての説明や遺伝的要素が強い場合、なんかの説明もしてもらった。ヒアリング項目を元に家系図と病歴なんかを図にしてもらいつつ。


続きを読む
posted by スマイリー at 00:08| Comment(0) | 【6】その後の通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする