2009年08月19日

まずは1日目から…

 さて、回想録。作文なんかだと重要な部分から書けばいいから、前日とか初日のことなんて書くべきじゃないんだけど、持参したノートも参考に「その時何を思ったのか」までを克明に残しておこうと思っているので、つまり余計な部分もたっぷり書くので、長くなります…。と、既に余計な前置きをした上で(苦笑)、まずは初日。

 家を出ると、今にも雨が降りそうなたっぷりと湿気を含んだ熱風が体にまとわりつき、新婚旅行の時と大違い。季節が違うから仕方がないとはいえ、晴れ渡った空のもと清々しい空気の中を出発した新婚旅行と比べると、何やら前途多難なカンジでちょっとビビる。

 そんな気持ちを反映するかのように、空港に着くころには雨はボツボツ降っていた…。天気予報では関西地域は夜は荒れるらしいけど「前倒しになっちゃった?飛行機揺れるかな?」と心配し始めたせいか、はたまた前日に珍しくドーナツを食べまくったせいか、お腹の具合が既におかしい。前日から招かれざる客の襲撃があったことも加わってか、空港のトイレに駆け込むハメに。うむむ…乳がんの手術前日ですら、こんなこと無かったゾと思ったら、ちょっと緊張もほぐれたけど。

 一応、今回は水なしで飲める下痢止めと酔い止め、それと悩んだ末に、入院時に貰ったロキソニンだけは持っていた。残っていたマイスリーも持っていって、時差ボケがひどくて眠れない時に飲んでみる?なんて邪な思念もあったんだけど、誤った使い方なので辞めておく。

 で、飛行機に乗る頃には、お腹の状態は落ち着いたから薬は飲まずに済んだ。機内食は1度目は和食(御飯、肉じゃが風、うどん、プリン)か洋食(チキンクリームパスタ、サラダ、チーズケーキ)を選ぶタイプで洋食を、2度目はパスタとサラダ、フルーツ、ケーキを食べた、と覚書には書いてある…。

 それぞれのお味はなかなか良かったんだけど、12時間ほどすると今度は胃が痛くなってきた!!胃がキュ〜っと握られるような、それでいて膨らんでくるような膨満感?が増してくる。お腹が空き過ぎるとこうなるから、これは多分胃が時差ボケなんだなと思い、ひたすら我慢。アムステルダムで次の飛行機を待ちつつ、安静にしていると徐々に治まってきた。ヨカッタ。

 因みに、今回もたっぷり5時間ほど待ち時間があったけど、添乗員さんが機転を利かせてくれ、この時間を利用して希望者はアムステルダムの街を散策していた模様。胃が痛い私と、軽く酔ってしまったのかフラフラするメェメェだけが、ぼんやりと時間を潰したのでした。最も、皆と分かれてしばらくするとお互い元気になってきたので、こんなつまらん写真を撮ったりしてたんだけど…。
マクドおじさんと.jpg


 んでもって再びツアーの皆さんと合流して飛行機に乗るも、トイレの調子がおかしいとかで、別の飛行機に乗り直し、予定より30分近く遅れて夜のフランクフルトに到着。どうにかこうにかホテルについてスーツケースを開けると…持ってきたハズの靴下一式がなぁ〜い!!アムステルダムに着いた時点で、既に涼しい、というか寒いくらいだったので、軽くパニック。結局、今夜は遅いからと探すのを諦めてベッドに入ったのでした。


posted by スマイリー at 23:55| Comment(0) | 旅の回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。