2009年08月24日

4日目 前編 ノイシュバンシュタイン城!

 ミュンヘンのホテルが一番キレイだったような気がする。都会だから?いや、でもそれを言ったらフランクフルトも充分都会か…。朝のビュッフェでは、初めてジャガイモが出なかった。そして、ここではサラミとオリーブが美味しかった!あ、スクランブルエッグやゆで卵、ピクルスも美味しかったけど。それからドイツでの朝食の好きな所は、小鉢に好きな量だけジャムを分けられるところ。アプリコットやラズベリーらしきジャムがあるのが密かな楽しみ。

 朝食後、バスに乗るとこの旅のメインの1つ、ノイシュバンシュタイン城を目指し、南へ。バスの中では予め、添乗員さんが用意してくれた資料に目を通し、このお城の歴史や見学の手順などに耳を傾ける。何でもマリーエン橋というところから見たお城の姿が最も美しいらしく、そのことを計算に入れた上で天才ルードヴィヒ2世はこの橋も作ったらしい。

 が、そこに行くには坂道を上がらねばならず、今回の観光ではツアーという都合上、入場時間に遅れても困るから「どうしてもその橋からお城を見たい人は、急いで行って下さい」「体力や足に自信のない方は、私と一緒に坂の下で待機することをお勧めします」とのこと。

 一旦、観光バスを降りて今度は専用のマイクロバスに乗り換えると、マリーエン橋を目指す私たちは、ソワソワしてきた。マイクロバスの扉が開いたら、猛ダッシュする構えでバスに乗り込み、その時を待つ。遂にバスが到着して、扉が開いたのでメェメェ様の手を引っ張りつつ「日頃ダテにテニスコートを走り回っているわけじゃないのよ!」とばかりに坂道を駆け上がる!!!そして、橋から見えたその景色は…

 まさかの工事中!!!

Image254.jpg
うへぇ…なんてこったい!!でも、ま、気を取り直してツーショットでも。
DSCF0093.JPG
そしてこちら↓は、橋からの眺め。
P1000148.JPG

 私、高い所からの眺めが好きなくせに、実は高いところ苦手なんです。つまり真下が見えるような所がダメ、という意味で。上記の画像はメェメェ様が撮影。だって、この橋、吊り橋ってわけでもないのに揺れるような、木の板がちょっとひしゃげる感覚があったんだもの。一応木の板の下に斜めに鉄柵みたいなもので補強してあったから、万が一この木が腐って抜けても、人は助かるんだろうけど、ひとたび下を見たら、怖くなって戻ってきちゃった。

 因みに後で買ったカレンダーの写真で見ると、お城の他に谷と橋の位置関係も良く分かるので、参考までにアップ↓。
Image376.jpg

 その後は、いよいよお城へ入場!フランスのベルサイユ宮殿を参考に作らせただけあって、豪華絢爛!きらびやか!ベルサイユ宮殿のように撮影が許可されていないのが、残念。せっせと一巡りしたら、あっという間に退場しちゃったのが、また残念。帰りは振り返り振り返り、名残惜しみながら馬車道を下って来たのでした。

P1000158.JPG DSCF0095.JPG P1000153.JPG

DSCF0096.JPG DSCF0109.JPG

 あ、そうそうこの帰り道、記念になるからと馬車で下っている人もいましたよ。で、面白いのは、道のアチラコチラに落ちている、お馬さんの落し物。それ専用の清掃車みたいなものが走っているんだけれど、てんこ盛りになったブツを大方しか片付けられないようで、道の色はシッカリそこだけ変色しているのでした。馬車に乗って、というといかにもロマンチックだけれど、実際には色々とあるのねー、なんて思っちゃった。

 こちら↓が、馬車のお馬さん。メェメェ様もこんな目つきをしているから思わず撮っちゃった。
Image255.jpg

 何かあっという間だったわ…と思いつつ下のチケット売り場を見たら長蛇の列。専用のマイクロバスに乗るのにも、それなりに並んだけれど、チケットを手に入れるだけでも大変な様子。1時間待ちどころか、時には観光出来ないこともあるらしいから、入れただけでもヨシとするか。

 この日のお昼は、スープ(これまた画像なし)とお魚料理↓。ご飯は日本のと違ってパサパサしてたけど、それはそれで美味しかったかな。一緒に頼んだトマトジュースもなかなかだったし。
Image258.jpg

 昼食が済むとちょっとだけ周辺を散策。
 湖(左)とホーエンシュバンガウ城(右)。
   P1000167.JPG    DSCF0117.JPG

 こちらの黄色いお城ホーエンシュバンガウ城は、以前はシュヴァンシュタイン城があったらしいけど、ルードヴィヒ2世の父君マキシミリアン2世によって再建されたものらしい。

 これまで見てきたライン川沿いのお城やハイデルベルク城などと違って、ハッキリと目立つキレイな白や黄色のお城なのは、戦闘用のお城ではないから、だそう。西洋のお城、っていうとディズニーランドのシンデレラ城のイメージが強いから、これまでは深く考えていなかったけど、元々中世の古城が真っ白でないのはこういう理由からだったのねー、と感心したのでした。

 そうそう、ウォルト・ディズニーはディズニーランドのシンデレラ城を作る前に、ハイデルベルク城やノイシュバンシュタイン城を巡って、最終的にこのノイシュバンシュタイン城を参考にしたらしいけど、そのせいかどちらのお城の観光中も、シンデレラ城ミステリーツアーに参加しているような錯覚にとらわれちゃった。これらのお城の方が、本家本元なのにねー。お城といえば、ドイツかチェコと言われているくらい、という話があったのも頷けるわぁ。

 やっぱり長くなっちゃったので、後編に続けます…。 


posted by スマイリー at 00:51| Comment(2) | 旅の回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらら〜メインのノイシュバンシュタイン城が工事中ですか・・・それは残念でしたね。
でもまた見に行きたいって夢が残ってそれもまたいいかな。
Posted by OPAL at 2009年08月24日 22:21
◆OPALさま◆
>でもまた見に行きたいって夢
うむむ…ドイツのハズレ(南)にあるので、もういいかも。もしまたドイツに行く機会があったら、今度はケルン大聖堂(ドイツの北西?)に行きたいです!

でもツアーの中で70歳位のお婆さんがいらしたのですが、その方はこのお城を見るの4度目だったらしいです\(◎o◎)/!
Posted by スマイリー at 2009年08月24日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。