2009年09月01日

6日目 中編 ノートルダム寺院とオペラ座!

 昼食を終えると、いよいよ待ちに待った自由行動だー!本当はバスでヴェルサイユ宮殿観光が入っていたんだけれど、自由時間が欲しかったから、旅行前から自由行動を依頼していたの。バスに乗り込んだツアーの皆に手を振って別れを告げると、2人きりに!

 メェメェも前回の旅行を思い出したようで「よし、行くぞ!」と水を得た魚のよう。添乗員さんは「ここからノートルダム寺院に行くならバスが便利ですよ」と乗り方まで教えてくれたけれど、そして回数券まで買ったけれど、結局歩くことに。だって、1km程度しか離れてなかったし、大体の道は(セーヌ川沿いだから)分かってたしね。

 ドイツやスイスと違いパリは暑かったけれど、ムシムシしていないから元気良く歩き出す。異様にのどが渇いたのは暑さのせいと言うより、さっき飲んだワインのせいね、きっと。
Image331.jpg P1000349.JPG

 因みに、前回のデータを入手したので参考までに載せるとこんな↓カンジ。
DSCF0069.JPG DSCF0089.JPG
 パリ初日の凱旋門とパリ2日目のコンコルド広場は曇り。

DSCF0091.JPG DSCF0095.JPG
 エッフェル塔では暗い写真しかなく、再度午後に訪れたノートルダム寺院では遂に雨に降られる始末。寒さと、そして無料バスカードをメェメエ様が忘れたことが原因で、この後(新婚旅行恒例行事?の)ケンカして、しばらく1人でパリの街をブラブラ。パリを独り歩きなんて、これはこれで楽しくて、良い思い出だけど。

 おっと、脱線。今回の旅行に話を戻して…セーヌ川も渡ったし、いよいよじゃない?と思って歩いて行くと… 到着!今回は、真っ晴れだーー!
 バンザーイ!!

P1000351.JPG

 幸か不幸か、この日は8月15日。聖母マリアが昇天した日とかでミサが行われており、周辺は長蛇の列…。ええー、どうしよ。中は前回見たからいいけれど、上には行ったことないから登りたい…。

 よし、頑張って登るか!折角来たんだし、と列に並ぶ。「どれ位待つのかな?」とスタッフらしき人に英語で訊ねてみるも、分からないとのこと。むむむ、私の英語が通じなかっただけか?それとも予測不可能ということ?某アミューズメントパークみたいに、「ここからは●分待ち」って札を立てておくと、便利だと思うゾ。

 塔(?)に登る人の列はちょうど日陰だったから助かったー。退屈だから、メェメェ様に並んでおいてもらい、周辺の写真を撮ったり、お土産を買ったり。
Image335.jpg

 結局、50分程度並んだ末、ようやく入場!年齢を尋ねられ、1人8ユーロずつ払うと、らせん状になった石の階段をひたすら登る。沢山の人たちが登っているせいだろうね、石段の真ん中はわだちのようにヘコんでいたよ。途中、お土産屋さんにちょっと立ち寄って休憩すると、また登って…下が見えたーー。
Image337.jpg

そして、お目当てのゴブリンちゃん(←勝手にこう呼ぶ)発見!
DSCF0124.JPG Image338.jpg DSCF0125.JPG
 何年もの間、こんな風に頬杖ついてパリの街を見下ろしているなんて、それだけで愛おしい気がするわ。何かで見かけて以来、ずっとアナタに会いたかったのよぉ〜♪

 DSCF0129.JPG P1000358.JPG

 この後、鐘の下で若い日本人女性2人組と写真の撮りあいっこ。ちょうど3時を知らせる鐘が鳴り響いたけど、こことは別の所で鳴ってたみたい。鐘を前に、うっとりと鐘の音色に浸っちゃった。
DSCF0130.JPG

 そして、もうちょっと登って、テッペンに!
DSCF0127.JPG DSCF0131.JPG

P1000355.JPG P1000360.JPG
 遠くに見えるビル群に混ざって、凱旋門が見えた。そして、そのちょっと左のビルが前回泊まったコンコルド・ラファイエットかな〜?

 どうもテッペンは5分以上滞在しちゃいけないらしいから、ちょっと慌ただしかったけど、でもここまで登るのにも時折入場規制があったみたいから、仕方がないことかもね。今度はひたすら下って退場すると、周辺を再び激写!!
DSCF0137.JPG DSCF0138.JPG

P1000366.JPG Image341.jpg

 ぐるりとノートルダム寺院を一周して心行くまで、晴れ渡ったノートルダム寺院を堪能すると、今度は地図を見て作戦会議!次なる目的地はオペラ座だから…乗り換えも面倒だし、歩けないことないから、とシャトレ駅まで行き、そこからメトロに乗るか。こう見えても、私地図が読めちゃう女なもので、と地図が読めないヒツジを連れてスタスタと歩く。

 うわぁ〜い、懐かしい!パリの地下鉄だ!!前回の旅行、ツアーではなかったので、市内観光などのオプションに参加するには各自で集合だったの。だから私のテキトーな英語とメェメェ様のたどたどしいフランス語を駆使して、地下鉄を乗り換えたりしてたんだー。こんな風にスリには気を付けないとね、と警戒しながら2人旅をするのが快感だったりする〜。

 改札口で扉が閉まってしまったメェメェ様「久々に地下鉄に乗ったから乗り方忘れてたよ」ですって。「まるでパリっ子、気取りね」って言ったら、「いつもは磁気カードだから切符を取り忘れたんだよ」って返答があったけど。

 ま、こんな具合にテンション上がりまくりで、オペラ座に到着!
P1000369.JPG

 と、ふと時計を見ると4時半ちょっと前。ぎゃー、中に入れるのって、4時半までじゃなかったっけ?と急いで入ろうとするも、どうやらこちらは出口らしい。スタッフらしき男性に「ケンガク?」って日本語で尋ねられちゃったわよ。

 じ、時間がなーいッ!入口へは、どっちから回ったら早いのかしら?「シロクマさーん、助けてぇー!あと、数分しかないけど、間に合うかしら?」と心の中で叫びつつ、走ると入口らしき所が。

 慌てて入ると、ここにもちょっと列が。ま、間に合った?どうやら、この日は土曜日だったせいか、4時半終了ではなかった模様。疲れたし入ろうか迷ったけど、結局並んで入ることにする。ま、ノートルダム寺院で合計2時間近く使ってしまったことを思ったら、ここは1時間程度しかいなかったから、結果オーライだね。

 因みに、このオペラ座、練習で使われることはあるものの(その場合は見学不可らしい)、現在バレエの公演は新オペラ座で催されるのだとか。後に添乗員さんと合流した時に、知ったのでした。

P1000371.JPG P1000372.JPG
ここも豪華絢爛!ヴェルサイユ宮殿みたーい!

Image345.jpg  Image347.jpg
Image348.jpg  Image349.jpg

 あ、そうそう、ここでは私、どうやら間違って男性用トイレに入ってしまった様子。だってね、入ったら韓国だか中国だかのアジア系の女性2人と男の子2人が手を洗っていたから、てっきりもう女性用トイレだと思ったのよ。男性用便器と個室が1つずつしかなかったから、男の子用の便器もある女性トイレってカンジだったし。途中で男性が入ってきて用をたす、といった事態にならなかったのが不幸中の幸いでしたとも。

 終始オペラ座の怪人のメロディーを口ずさみながら、中を見学。最後に出る時に、ジョークとして「I failed to find The Phantom of the Opera! Where is The Phantom ?」と先ほど「ケンガク?」と日本語を話した方に言ってみたら、お土産の仮面を指して「oni!」って言ってた気がするんだけど、誰かがファントム=鬼って、教えたのかしらん?

 後は後編に続けます…。


posted by スマイリー at 23:44| Comment(6) | 旅の回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜きれいな晴れ!
ゴブリンちゃんたら、相変わらず座ってるのね〜。悪魔の割にチャーミングで中学生みたいな格好で座ってる♪

>分からないとのこと
あ、それは本当にわからなかったんだと思うわ。わからないことはわからないと言うのが美徳だから… 

しかしまあ、きれいに一望できたのね〜。

オペラ座、ヴェルサイユと違って実際使われている建物ってところがミソよね。新オペラ座のほうが座席はいいし、柱がじゃまして見えないってことはないけど。
それにしても男子トイレはさすがに未体験ゾーンだわ。。。
Posted by whitebird at 2009年09月02日 21:15
ほんとにノートルダムが好きなのね〜、うふふ。
私もオットとパリに行ったときはがっつり歩いたわー。
姉と一緒だと、バス乗りまくりだけど。(笑)
私ねえ、オペラ座の見学ってしたことないのよねえ。
どこから入るんだ?間違えたってことは正面じゃないってことね。
チケット売り場の方か??
ちなみに添乗員さん、嘘を教えてはいかん。
バスティーユにある新しい方のオペラ座をメインに使うのはオペラ、
バレエは今でもガルニエがメインだよー。
時々バスティーユでもバレエやるけどねー。
あーーー、オペラ座行きたい。
Posted by シロクマ at 2009年09月02日 21:24
ノートルダム、私が行った時も何かミサみたいなのやってました!心に染みますよねー♪
ってゆうか登れるんですか??知りませんでしたっ(>△<;)!!うわー登ってみたいです!

オペラ座って中すごくキレイなんですね。前は何回も通ったけど、中には入りませんでした。入ってみれば良かった!
Posted by ラザニア at 2009年09月02日 21:51
◆whitebirdさま◆
>ゴブリンちゃんたら、相変わらず座ってるのね〜。
私はこの、頬杖ついているコが一番好きです。「何百年経っても人間の本質ってヤツは変わんないね〜」とでも言いたげな表情で見下ろしているから。数年後に再開出来ることを、今から楽しみにしているのでした。

>わからないことはわからないと言うのが美徳だから… 
ほほう、そうなんですか。

>きれいに一望
帰国後、写真を見てようやく「あ、今回は随分と天候に恵まれたみたい」と遅ればせながら気付いたのでした(^^ゞ
Posted by スマイリー at 2009年09月04日 13:15
◆シロクマさま◆
>ほんとにノートルダムが好きなのね〜
そうですねぇ。正面、後ろ、横からのそれぞれの違った見え方がいいのかもしれません。

>どこから入るんだ?
上の写真を正面として、右回りに歩いたら出口と言われたので、また正面に戻り、左回りに行ったら入れました。たぶん、チケット売り場ではないかと…。

>バレエは今でもガルニエがメインだよー。
おやまあ。そうなんですか。私の理解し間違いかしら。メェメェ様に聞いたら「添乗員さん、そんなこと言ってた?」と言われてしまいました。
でも、どういうワケか、私は「このオペラ座は現在、練習用としか使われていないのね。勿体なーい」と勝手に思いながら回っていたのでした。

Posted by スマイリー at 2009年09月04日 13:25
◆ラザニアさま◆
>登れるんですか??
はい。前回行った時は「何を並んでいるんだろう?でも寒いから、いいや」と思って素通りした行列があったのですが、それが登るための列だったようで。

登れるということをハッキリと知ったのはwhitebiedさんに教えて頂いたからなんですの♪セーヌ川に面していない(ちょっとした道路とお店がある)方の横にその行列及び入口があります。

オペラ座の中を見学出来ることを知ったのもつい最近です。前回の旅行より前からミュージカルオペラ座の怪人は好きだったのですが、中までは入れるとは知らず、前回は素通りでした。

今度パリに行くことがあったら、ノートルダムのテッペンとオペラ座の中もリベンジ出来るといいですね\(^o^)/
Posted by スマイリー at 2009年09月04日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。