2010年05月13日

黒い影

 今日は午前中に仕事をこなし、そのまま病院へ。放射線科の定期検診だった。職場から病院に向かう道は久し振りで、懐かしい半面、以前のお店が新しいお店に変わっていたりと、新鮮な発見もあった。放射線中、バスを待つ時間を潰すために時々寄ったペットショップとか、無くなっていたし…。

 去年もその前もそうだったけど、この時期の病院は研修生が一緒にいるのよね〜。そのせいか、今日は放射線科にしてはちょっと待った。待ったといっても外科とは比べ物にならない程度の時間だったけど。

 ちょっと問診して、首の触診だけしたら、もうおしまーい。で、3月の2年目検診で撮ったCTとか骨シンチの画像もついでのように、見せて説明して下さった。ただ、気になるのが骨シンチ。前年とは別のところに、黒い点が…。術前は確か左の肋骨だったと思うけど、それは今回はなくて、別に中央が黒くなっていた。

 毎回のように「ぶつけました?」って聞かれるんだけど、毎回身に覚えがないのよねぇ…。さすがに転移ってことはないと思うけど、じゃ、なんなのさ〜って思うよね。もし仮に転移だとしたら、一旦黒くなったものが消えたけど、別のところが黒くなったりとかするんだろうか…。元々黒かった部分が更に増えて…とかいうんなら、まだ分かるんだけど…。いや、そんな事態にはなってほしくないけど。

 普通、検査って不安を消すためにするんだろうけど、私の場合明らかに逆効果な気が…。骨シンチなんて検査代も高いし、来年以降は拒否してみようかな…。でも、のど元過ぎれば何とやら、ついうっかりノリで他の検査と同様に受けてしまいそう。

 そもそも放射線科って何しに行くのかしら、と最近では思ってしまうのでした。だって、問診して終わりだし。でも、半年ごととはいえ、術後5年目までは行った方がいいらしい。ん〜、ちょっと面倒くさーい。外科の主治医の診察日が変わってしまったから、1日で掛け持ちして終わらせることが出来なくなっちゃったのも、痛いわぁ。

 外科の主治医を変更せずに、1日で済ませようとすると放射線科の主治医が変更してしまうんだけど、そして私はそれでもいいかな、と思ったんだけど、面と向かって「別の先生でもいいです」と放射線科の主治医には言い辛くて、結局2日に渡って予約を入れたわ〜。

 だって、外科の主治医が変更するのはイヤだけど、放射線科の主治医が変更するのはOKです、っていうのはちょっと言いにくくってね。あ、別に放射線科の主治医が嫌いってわけじゃないんだけど。だって、放射線科の主治医って、直接中開いて手術したワケじゃないから、変更しても影響なさそうだけど、外科の主治医は中までイジっている方なので、あんまり変更してほしくないかな〜、と思って。

 でも、これから術後の年数が経るにつれて、やむをなく主治医が変更したりもするのよねぇ、きっと。ま、その時はその時だけど、さ〜。取り敢えず、骨シンチについては、来月の外科の診察で聞いてみるか…。忘れなければ、だけど。 
posted by スマイリー at 23:29| Comment(8) | 【6】その後の通院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
骨シンチって高額だから病院によってはステージUからしかやらないところもあるのに、ステージ0のスマイリーさんに必要か?

私はステージTだけど、悪性度が高くて血管侵襲があったから1年に1回やってるけど。
Posted by RIRO at 2010年05月14日 08:29
◆RIROさま◆
>病院によってはステージUからしかやらないところもある
ほほぉ〜ぅ、そうなんですね。私は大学病院だから、データが欲しいのかもしれません。あと、検査料も。

年に一回のマンモやエコーしかやらない病院があることも知ってますが、というか、術後の血液検査や骨シンチは私の場合、大した意味などないだろうということは分かっているのですが、だからといって拒否するほどの勇気もなく、悩むところです(^_^;)
Posted by スマイリー at 2010年05月14日 21:40
 スマイリーさんの病院では5年間、半年ごとに放射線科の診察があるのですか。私の病院では、放射線治療が終了と同時に放射線科の診察も終了でした。今後また診察があるとは一言も言われませんでした。

 骨シンチの黒い影気になりますね。何でもないことを祈っています。

 私は一度も骨シンチの検査をしたことがありません。それどころか乳腺外科でCTやMRIもしたことがありませんよ。まぁ、それらも必要がないくらいの早期だったと言うことなのかとも思いますが。本当に検査は不安を消すためにやるようなものなのに、何かしら指摘されたりすると余計に不安になりますよね。かといってあまり検査がないのもいいのかなと思ったりしますが。何が嫌って、検査を受けてその結果を聞くまでの間が一番嫌です。

 検査って一度拒否したら、もう2度とやってもらえないんではないかと言う気がして、本当に必要なときに困るかもと思うと拒否できませんよね。
Posted by なつみかん at 2010年05月14日 23:50
◆なつみかんさま◆
>放射線治療が終了と同時に放射線科の診察も終了でした。
へぇぇ〜、そうなんですね。こう書いてみると、やっぱり私の病院は念のために色々とやるタイプなのね、としみじみと思いました。

骨シンチで黒くなる場合、転移以外に考えられる要因にはどういったケースがあるのかを調べてみようかな〜、と思ってます。時間があれば、ですが。忘れそうだけど(^_^;)
Posted by スマイリー at 2010年05月15日 23:25
すごく久々にブログ読ませていただきました。私もスマイリーさんと同じ1977年生まれです。31歳で乳癌がみつかり、やっと1年ちょっと経ちます。最初のころ、このブログを読み、とても勇気をもらいました。スマイリーさんの行動力に影響されて、私も乳癌学会に行きました!とても勉強になりました。今は患者会にも入り、元気にやっています。治療はゾラデックスとノルバデックスを飲んでいます。去年1年はウツに苦しみましたが、最近は気分も安定して、やっと普通の生活を取り戻した感じです。私は1年検診でマンモ、エコー、胸部レントゲン、腫瘍マーカーだけで、CTもPETも骨シンチもやったことがないので、たまにやらなくて大丈夫かなと思うときがあります。治療方針についてセカンドオピニオン受けてみたいかなと思うこともありますが、主治医の先生がすごくいい先生なので悪いかなという気持ちもあります。ちなみに、ステージ1の浸潤がんでした。
Posted by メアリー at 2010年05月16日 17:03
◆メアリーさま◆
こんばんは。以前もコメント下さった方ですよね?

>去年1年はウツに苦しみましたが、最近は気分も安定して、
元通りの生活を取り戻しつつあるようで、何よりです。「やっぱり最初の数年は色々とあるよ」と私も言われたことあります。

>私も乳癌学会に行きました!
羨ましい〜。私は今回は行きそびれてしまって。しかも次回は北海道だから、益々ムリですし(+_+)

>主治医の先生がすごくいい先生なので
>悪いかなという気持ちもあります。
この気持ちもすっごく分かります。私はノルバを辞めてしまったので、その上で骨シンチも拒否するのは、ちょっと言い出しにくくて…という状態なのでしたー。
Posted by スマイリー at 2010年05月17日 21:16
お返事ありがとうございます!
そうです、だいぶ前にもコメントさせていただきました(*^_^*)覚えてて下さってうれしいです。
これからもブログ楽しみにしていま〜す☆☆
Posted by メアリー at 2010年05月21日 21:17
◆メアリーさま◆
>覚えてて下さってうれしいです。
スマイリーとメアリーってどちらもカタカナなせいか、何となく字面が似ているな〜、と思って覚えていたんです^m^

最近は病気ネタは減りましたが、大病した私にとっては日常に戻った平凡なことを書くのも悪くないかな〜、と思ってのらりくらりと続けてます。またいらして下さいね〜☆
Posted by スマイリー at 2010年05月22日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。