2008年08月23日

【放射線25日目】

 今日で放射線治療は無事に終〜了〜!予定通り25回通い切ったゼ!多少疲れやすくはなったけど、目立った副作用もなく完遂出来てめでたし、めでたし。「食欲落ちてませんか?」と主治医に尋ねられて「逆に食欲増進してる気がするんですけど。」と答えたら「疲れている分、かえってたくさん栄養を欲しているのかもしれませんね。」と笑いながら言われたのは、ちょっと恥ずかしかったけど。

 これまで何回か血液検査をして白血球の数値を見ていたけれど、最後に行った分の数値がかなり下がっているらしい。主治医は迷った様子で「普段風邪引きやすいですか?生徒さんから貰ってしまいやすいかな?」と聞いてきたけど、私風邪は引きにくい方だから「滅多に熱は出ません。」と言ったら「じゃ、薬も出さずにおきますね。」ということになった。ヤッタ〜、飲まずに済むならそっちのがいいわ。薬代もかからないし。

 放射線も終盤を迎えると、かなり色付いてくる。「脇の下も一部当たっているから、ちょっとヒリヒリすると思います。」と言われたから「あ、でも前と同じようにテニス出来てるから問題ないです。」と答えたら「もうテニスしてるんですか。元気ですねぇ…。」と呆れたように技師さんは呟いていたけれど、そこそこ元気なんだから、まあいいさ〜。明るい日差しをサンサンと浴びながら「おめでとう!」というように咲き誇っている道端のつつじがとても眩しく、帰りのバスの中では幸福感で一杯だった。

 「今日で照射も終わりですが、皮膚が弱っている状態なので、印は無理に消さないで下さい。」と言われていたので、シャワーを浴びた際に無理にではなく、そっとなぞってみる。すると、首元まであった赤い線は目立たなくなって消えてしまった…。本当はこんなこと、しちゃいけないんだろうねぇ。でも、これでやっと開襟シャツが着られるゾ。

 そして明日からは、ノルバ開始だ〜。いつまで飲むか予定は未定だけど、心ゆくまで好きなだけ飲んでみよう!忘れないように、日付を書いて目につくようにテーブルの上に置いておくんだ。副作用、出ませんように〜!

Image083.jpg



posted by スマイリー at 00:40| Comment(0) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

【勉強会へ】

 私の通っている病院は、病院内に乳がんの患者会がある。患者同士が集まってお喋りしたり、ご飯を食べに行ったりしている他に、病院の医師がじきじきに勉強会を開いて下さることもあるそうだ。患者会といっても、どうせ年配の患者さんが多いだろうから私が参加してもちょっと浮いてしまうだろうなぁ、お喋りとかはちょっと…と思っていたが、勉強会は興味があったので思い切って参加してみた。

 仕事を終えてからいつものように電車とバスを乗り継いで行くと、開始時間に間に合いそうにないので、メェメェ様にお願いして車で送ってもらう。2か月ほど前、術前の麻酔科受診の際に通ったのと同じ道を行くが、あの時と違って気分はずっとずっと明るい。振り返ってみると、やっぱり手術前というのは気が張っていたんだな、としみじみと思った。

 続きを読む
posted by スマイリー at 16:50| Comment(6) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

【結論の日】

 今日は外科と放射線科かけ持ちだ。外科の前でしばらく待っていたら、入院中に見かけたような顔を発見した。別の病室の方だったけど、確かリハビリのビデオを一緒に観た人だったと思う。リハビリの時は元気そうで明るそうな女性だったから、よっぽど声を掛けようかと思ったが…躊躇して、結局やめた。診察室を出てきたその表情が硬く、暗かったから。これから抗がん剤するのかもしれない。声、掛けられなかった…。

 外科の予約は午前中、放射線科は午後だから大丈夫だろう、と思っていたのが大誤算!連休前のせいか、外科の予約が大幅に遅れているようだ。このままでは同時に呼ばれてしまう、と思った私は看護師さんに事情を話して、先に空いてそうな放射線科を受診することに。で、順調に放射線治療を終え、急いで外科に戻ると、いい塩梅に呼ばれた。
続きを読む
posted by スマイリー at 01:01| Comment(3) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

【テニスサークルへ復帰】

 およそ2か月ぶりに、テニスサークルへ。これまで病気のことは、職場の関係者と親族の一部にしか話していなかったので、サークルのメンバーは私が乳がんで入院・手術したなど夢にも思っていないだろう。

 今日のテニスコートは偶然にも、病院病院の近くだった。通いなれた行程を、今日は診察券ではなくラケットテニスを持って、電車電車に乗り、その後バスバスに乗る。途中までは同じ道を行くけど、でも今日はテニスだもんね!と思ったら、嬉しくて顔がニヤけてくるのが自分でも分かった。

 「久しぶり〜!」なんて言われつつ、何事もなかったかのようにテニスをする。術側の腕でトスを上げるから、サーブの時は若干気になるけどそれ以外は何も支障はない。メンバーも勿論気付かない。元気な姿を見てもらえたワケだから、言ってもいいかな?と思って、女性を中心に数名に乳がんで手術をしたことを話してみる。と、何故か皆一様に「旦那さんが?」と尋ねてくる。あはは、患者は私よ〜手(チョキ)目の前でテニスに興じる私ではなく、今日は参加していないメェメェが手術をしたと思ったらしいたらーっ(汗)

 何事もそうだけど、乳がんでも早期発見すれば、基本的には治療も軽くて済む可能性が高い。これを機にみんなも検診にも行ってくれたらいいんだけどなぁ!検診を受けるなら、視触診よりもマンモグラフィーやエコーよ、と忘れずに付け加えておいた。
posted by スマイリー at 00:16| Comment(2) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

【放射線14日目】

 最近は大分、皮膚が色付いてきてそれに伴って徐々に痒さも増してきた。お酒を飲んだり、走った後など、どうも体温が上昇すると痒みも出てくるようだ。血行が良くなるせいかな?放射線科の主治医にこのことを相談してみると「じゃ、塗り薬を出しておきます。但し、この薬塗るのは1日1回にして下さい。」とのこと。多少の痒みなら我慢しても良いが、寝ている時など無意識の内に掻きむしっては本末転倒。それなら、我慢し過ぎず適度に薬を塗る方が良い、ということらしい。

Image093.jpg
 続きを読む
posted by スマイリー at 00:45| Comment(4) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

【放射線12日目】

 今日から1学期の授業開始。といっても今年度は通院可能なように、と授業は全て午前中にしてもらえたから、授業を終えてそのまま病院へ。いつも通り、放射線治療を終えると、今度は外科に顔を出し、依頼していた生命保険の診断書を受け取る。が、よく見ると…非浸潤がんの項目に○が付いていた。はて?記載ミスか、はたまた浸潤していなかったのか?今度外科に行く時、詳しく聞いてみよう。

 そして、今日はメェメェの誕生日バースデーなので、今度は予約したフレンチレストランへ。途中、家に帰っても却って辛いだろから、と駅の近くのショピングモールに寄って、バースデイカードなんぞも買って…とブラブラしていたら、すっかり疲れてしまった。うう、やっぱり無理は禁物だわ。明日は仕事が休みで良かったよ。

 雨も降っていたせいか、平日の夜のレストランはひどく空いていた。ライトアップされた素敵な庭を眺めながら、静かな時間が流れていくのを楽しむ。こんな時、消化器系のがんと違って、乳がんは食事制限がない分やっぱりラクなんだろうか、と思ってしまう。忙しいながらも、しみじみとした誕生日となってしまった。メェメェ様、35歳おめでとうございますぴかぴか(新しい)

200804102114000.jpg
posted by スマイリー at 00:25| Comment(0) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

【放射線9日目】

 午前中に職場ビルに行く。配布された今年度の時間割に手違いがあり、通院に支障をきたすため、事情を話して変更してもらう。昨年度より全体のコマ数を減らしてもらった結果、ラッキーなことに週休3日になった。しかも土曜日の授業も率先して希望したから、平日の休みは2日。つまり職場から病院に直行する日は3日しかないことになる。これで、今後の放射線治療や定期検診と仕事の両立もやり易くなったゾ!まったく有難い話だ。

 無事に時間割を変更してもらえたので、そのまま病院病院へ直行。家と職場と病院は、見事に方角がバラバラで3つの地点を結ぶと三角形が出来そうな感じだ。しかも職場から病院は直線距離にすると車車(セダン)で1時間程度の距離だけど、私は運転に自信がないから、ぐるりと迂回する感じで電車電車とバスバスを乗り継いで、1時間半近くの道のりを通うことになる。でも電車やバスだったら、眠ることも出来るわけだし、と気を取り直して…残りの通院も頑張るゾ〜。
posted by スマイリー at 18:36| Comment(0) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

【放射線8日目】

 最近は通院にもすっかり慣れた。線路沿いにある桜並木がいよいよ見事になってきて、春の訪れを感じる。明後日の日曜日には、メェメェとお花見に行きたいナ。そういえば、昨年の今頃から自動車教習所に通い始めたんだっけ、と1年前を思い出す。教習所の近くの桜を眺めながら「来年の今頃はどんな風に過ごしているのかしら…」と思っていたが、まさか放射線治療をしてるなんてね〜!

 いつも通り放射線治療を済ませ、混みまくっている会計前で待っていると、パジャマ姿の女性と通りすがりに目が合った。よくよく見てみると…入院中に同室だったHさんだった。1ヶ月近くずっと入院しているのだろうか、と言葉に詰まっていると「やっと明日退院なの。」と嬉しそうに話し掛けてきた。やっぱりずっと入院していたらしい。
 
 Hさんは、内臓の病気なためか、外科以外にも内科など3つの科を掛け持ちしている、と言っていた。私は退院する際、社交辞令として「では、また外来でお会いしましょう。」なんて挨拶をしたが、こんな形で会う人がいるとは想像すらしていなかった。がんとは色々な部位に出来る病気だが、乳がんは内臓のがんに比べたら、ずっとずっとラクな部類に入るのかもしれない、と改めて痛感した。
posted by スマイリー at 00:21| Comment(0) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

【術後 初テニス】

3月29日(土)  
 前回の外科の診察の時に、あらかじめ確認し、許可も貰っていたので、今日は術後初めてテニススクールに行ってみた。だって今日は丁度術後1ヶ月目ですもの。「温存手術の場合、術後1ヶ月でテニスなどのスポーツも可能、と本に書いてありましたが、私もやっていいですか?」と主治医に聞いたら、ちょっと驚いた顔をしていたけど。私がテニスすることが意外だったのかな?術前に私の趣味はテニスだと知っていたら、リンパ郭清しなくちゃいけなかった場合、主治医がやりにくくなるんじゃないかな、と思って言わなかったんだよね。

 放射線科の看護師さんは「土日はゆっくり休んで下さいね。」と言っていたけど「スクールで1時間半のレッスンをこなすくらい、いいよね?」と思って黙っておく。下手に聞いてダメです、って言われても気まずいしね。外科の主治医は良い、って言ってたも〜ん。

 普段は初中級のレッスンだけど、今日は文字通り病み上がりなわけだから、メェメェと一緒の初級クラスにお世話になる。何も事情を知らないコーチは「久々なせいか、動きが鈍いですよ〜。」「サボらずにもっとレッスンに来ないと…。」と言っていたけど、笑ってごまかす。「乳がんの手術後、1ヶ月目ですから大目に見て下さいよ。」と言ったらさぞかし驚くに違いない。バラしたい衝動に駆られたけれど、結局辞めた。必要以上に心配されそうだもん。久々テニスは文字通り、ヘロヘロテニスだったけど、テニスコートで私は一人、幸せを噛みしめていた。
posted by スマイリー at 01:03| Comment(2) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

【放射線2日目】

 昨日と同じ時刻に放射線科へ。今日はIさんはいないようだ。外科の待合は廊下が広く、向い合せに椅子が並んでいるけど、放射線科の前の廊下は幅が狭いせいか、向い合せに座らずに済むからちょっと嬉しい。本を読もうと、眠ろうと、人の視線を気にせずに済むもの。特に放射線科は外科と比べて、基本的にがん患者が来る所だし、ほぼ同じ時間帯に毎日通うわけだから、顔見知りになってしまうかもしれないし。
 
 予想通り、同世代の人などはいないから、なんか目立ってる気がする。これから毎日同じ時刻に通うのに、知らない人にあれこれ話しかけられても後々面倒そうだし、と思った私はさっそく椅子に座って本を取り出して読み始めた。と、横からロボットが喋るような機械的な音がしてきた。話し声にしてはちょっと不自然な感じの。そしてその音に呼応するように、年配の女性が会話をしている。「何の音?」と思って、思わずそちらを見てハッとした。多分、甲状腺とか咽頭のがんで声帯を取ってしまった人が機械の力を借りて話しているのだ、と気付いたから。知らなかったとはいえ、悪いことをしてしまった…。
posted by スマイリー at 00:05| Comment(0) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

【放射線1日目】

 放射線科の前に行くと、年配の女性に声を掛けられた。ん?と思ってよく見ると、入院中に同室だったIさんだった。私が退院する前日に入院してきたIさんは、再発ということもあってか、手術直前まで涙を拭っていたけれど、今日の表情は見違えるほど明るかった。こうしてみんな、ちょっとずつ心にも元気を取り戻していくんだね、と思ったらやっぱり嬉しい。私より1週間程度、後に手術をしているせいか、放射線治療も私とほぼ同時期になりそうだ。

 私が退院した後の話を聞いていたら、リニアックの部屋から名前を呼ぶ声が聞こえたので、Iさんに会釈して別れる。荷物を置いて上半身裸になると、昨日の油性マジックの印の上に、更に赤い塗料みたいなものを付けられた。なんか、絵具みたいな匂いがした。塗料が服についてしまうことを技師さんたちは盛んに気にして下さっていたけど、抜かりなくボロボロの服を着て行ったので大丈夫!擦り切れてるからもう捨てよう、と思っていたシャツが大活躍だ。

 照射時間は、ほんの数分で痛くも痒くもないままに終了。ジーーーともブーーーとも聞こえる機械音を聞きながら、寝っ転がっているだけでがん細胞をやっつけられるなんて、ラクな治療かも♪手術の時と同様、「果報は寝て眠い(睡眠)待て!」だね、と思ったりなんかした。当分は春休みだし、のんびり通おう!
posted by スマイリー at 01:35| Comment(2) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

【マーキング】

 今日は放射線科へ。マジックで印を書き込まれた。これも予習通り!やっぱり事前に色々と知っとくと気分的に違うねぇ。ちょっとくすぐったかった以外は苦痛もなく、印付けも終了。ただ、一つ誤算だったのは、意外と上の方まで書かれてしまったこと。ここまで書かれていたら、開襟シャツやVネックのシャツは当分着られない…。真夏じゃなくてヨカッタよ。

 女性の看護師さんから「治療の際、男性技師が胸を触らざるを得ない状況もあるかと思いますが、女性技師が常駐しているわけではないので、ご了承下さい。」と言われ、「仕方ないさ〜、そんなことで文句言う人いるの〜?」と笑いそうになってしまったけど、その眼差しが真剣だったから、こちらも真面目な顔を作って返事をする。こんなこと、わざわざ言うなんて、過去に文句を言った人がいたんだろうな。

 夜、帰宅したメェメェに下腹近くまで書かれたマジックの印を見せると、案の定「いいなぁ〜、メェメェもお絵描きしたい!」と言い出した。今描かれては困るので「治療が終わったらね。」と返答しておいたが、放射線を当てない右側になら描かれてもいいかしら、と思い直す。

  
水のひつじ.jpg              炎のひつじ -小.jpg

 「では、今から放射線を当てます。」と台に横たわると、健側には可愛らしいヒツジのイラストが…なんてことになったら放射線技師もビックリだよねぇ、と想像して可笑しくなる。いや、それとも「癒されますねぇ」と褒めてくれるかしら…?ちょっとやってみたい気もしたが、恥ずかしいのでやっぱりや〜めた、っと。いよいよ明日からは、治療が始まるゾ!25回ガンバロ〜!

posted by スマイリー at 18:51| Comment(2) | 【5】放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする