2010年04月30日

驚愕の新事実

 今日の晩御飯は、さんまの塩焼きに、南瓜の煮つけ、小松菜のおひたし、豆腐に、黒米ご飯に玉ねぎの味噌汁。

Image500.jpg

 私の実家ではあり得ない献立かも…。だって、弟が2人いたせいか、食卓には必ずと言っていいほど肉が出てきたから。「焼き魚ではおかずにならない」「ちょっとでもいいから肉けのものが欲しいな」といった要望に応えるべく、焼き魚の日でもシュウマイとかギョウザとかがあったもの。

 だからメェメェ様と一緒に暮らし始めた当初、実家にいた時のクセで魚と肉を出したら、「どうして魚と肉が同時に出てくるの?どっちか1つでいいんだよ?」と言われてひどく驚いたもんさ。実家での事情を話すと「でも魚だって肉でしょ?」と言うんだけど…。そして「そんな食生活だと病気になるよ」とも。うう、見事に乳がんになっちゃったわよ。
続きを読む


posted by スマイリー at 22:45| Comment(2) | 食事について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

巡り合わせ?

 ついさっき、病院の勉強会から帰ってきた。今年の時間割だと土曜日は午前中ギリギリまで授業だったから、メェメェ様に学校までお迎えに来てもらっておいて、そのまま病院まで直行。白馬に乗った王子様ではなく、白い車に乗ったおヒツジ様、といったところかしらん?

 電車とバスを使うと遠回りなんだけど、車だと意外と近い。途中それなりに混んでいた所もあったけど、それでも40分程度で着いてしまった。手術前の説明の時には、卒業式を抜け出してこの道を走ったんだよなぁ、と思い出しはしたものの、当時の感慨深さも最近ではすっかり薄れてきてしまって、手術したことも今となっては夢の中の出来事みたいだ。



続きを読む
posted by スマイリー at 19:16| Comment(2) | 勉強会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

小っせえ、悩みだなぁ!

 今朝は最初は自分の笑い声で目が覚めた。どんな夢を見たのかは覚えていないけど、とにかく何か面白かった気が…。で、仕事が休みだから再び寝ることに。すると今度は涙で目が覚めた。これもまたうろ覚えなんだけど、中学時代の部活仲間と再会して久々にテニスをしようか、ということになり、懐かしさで胸がいっぱいになって、涙が込み上げてきたところで、夢から覚め、実際にまぶたから涙が溢れそうになっていることを確認。

 しっかし、たった数時間のうちに、笑いながら目覚めたかと思えば、泣きながら目覚めるなんて大忙しだわね。ここ最近忙しくて、でも私の場合、極度に疲れるとかえって寝つきが悪くて…ってな具合だったから、そんな心理状態が夢にも出てきたのかな〜。それともPMSの一種かな。

 先月は左のお尻から脚にかけて痛くなったせいで、試合中に走れなくなって、棄権したんだよね。結局、生理前に骨盤が緩んでいたことが原因だったみたいで、その後は痛くなくなったけど。骨シンチして問題なしと言われた直後だったから、そんなに心配にはならなかったけど、足腰が痛くなるとやっぱりヒヤリとするじゃないの。
続きを読む
posted by スマイリー at 17:54| Comment(2) | 体調について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

夜桜・誕生日・密会

一昨日は職場にちょこっと顔を出し、下準備を終えると夜にはOPALさんと例のお店で密会を。まみさんにお会い出来なかったのが残念!
 
Image486.jpg  Image487.jpg

Image488.jpg  Image489.jpg

Image490.jpg  Image491.jpg

 こちらのお店に行くのは3度目だけど、今回初めてパンナコッタではなく、ソルベを。こちらも美味しかったです。3時間ほどゆっくりと食事を楽しんだ後は、腹ごなしも兼ね、夜桜目指してテクテク歩く。
Image492.jpg  Image493.jpg

Image495.jpg  Image496.jpg
 
 金曜日の夜ということもあって、夜桜を楽しむ会社帰りの人たちがたくさんいたけれど、そーいえば、私も仕事帰りだったっけ…。私の携帯の夜桜画像はイマイチなのでOPALさんのブログを見ていただいた方がいいかも…。
続きを読む
posted by スマイリー at 20:35| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

そういえば

 無治療を選択して、今日で1年が経過!ノルバを止めるまでの経緯は、ノルバについて、のカテゴリにまとめてあるけれど、今思えばそれなりに色々あったわ。ノルバ単独だったけど…。

 疲れやすくなったり、息が切れやすくなるのは、貧血気味なせいなのか、はたまた、たっぷり寝すぎて体がなまってしまっているのか、若干の疑問は残るけど、つまりこれらはノルバとは無関係だったかもしれないけど…。

 夜中に目が覚めることは確実に無くなった!
つまり私の場合、この1点については紛れもなくノルバのせいだった、と断言出来る。

 このまま、無治療・無投薬生活を一日でも長く謳歌出来るよう、頑張ろう〜っと。もうちょっと食生活(朝食と昼食)をマシにする、とか甘い物を控えて体温アップを意識するとか、改善の余地はあることだしね。地道なことしか出来ないけど、やらないよりはいいよね、きっと。
 
posted by スマイリー at 23:21| Comment(6) | 治療のまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

頑張らなくっちゃっ!

 新年度の時間割がやっと判明。去年よりコマ数が減ったのに残念ながら週休3日にはならなかったり、去年は無かった1限の日があったり、主治医の診察日が変わる都合から、休みの日も変更してもらったり等、少々気持ちがそぞろに。毎年4月上旬はドキドキ・ソワソワしてしまうけど、今年もそんな感じで春休みが終わろうとしている…。

 家で一人でいたら、やたらとハイテンションになったり、そうかと思えば鬱々したり。うーん、やっぱり私には専業主婦は向かなさそう。ここらで気持ちを入れ替えて、ぼちぼち仕事しますか!新しく担当するクラスはどんな子たちなんだろう?そして新しく来られる先生はどんな方々なんだろう…。こちらもドキドキ。

 ついさっき、新しく決まった時間割を見たら若干テンション下がってしまったけど、でもよく考えたら2年前の今頃は、放射線治療しながら仕事もしていたんだよね。あの時の自分を思い出せ〜!

 そーいえば、あの時ピヨピヨと鳴きそうだった1年生が、いよいよ3年生になるのよね。私はこれまで3年間連続して1つの学年を担当したことがなかったから、これはこれで感慨深いことかも…。3月の卒業式のことを想像したら、今から感動してしまいそう。だって、あのコ達が3年生ってことは、私も乳がん3年生だからさ。

 束の間のお休みももうすぐ終わり。今週後半は仕事が始まるとともに、OPALさんと密会したり、メェメェ様のお誕生日だったり、一気に忙しくなる予感。そろそろボケボケモードを脱出しなきゃ。気合を入れて、頑張るゾ〜。
posted by スマイリー at 22:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

尼削ぎなる稚児風に

 昨日は美容院に行って久々にかなり切った。と言っても結べなくなってしまうのは困るので、肩につくかつかないか、といった程度だけど。それでもこの髪型にするのは2年振りくらいかな〜。

 病気が発覚した直後は、肩下10cmくらいあったし、しかもパーマをかけていたから。病理結果が出て、ケモを免れた後も、何となく勿体なくてちょっとずつしか切れなかったのよね。一応、3〜4ヶ月に1度は美容院に足を運んで、適宜切ったりパーマを追加したりしてたけど、それでもやっぱり傷んでくるし、左の前あたりの白髪がいよいよ集中し始めたから、今回はそれなりにサッパリと切ってストレートヘアに。

 術後2年すると、こんな点でも拘りがなくなってくるのかな〜。「白髪は遺伝ですからね〜」と美容院ではよく言われるけど、でもパーマを止めれば、髪の毛への負担も減るかな、なんて期待もあったりして。

 余談だけど、この髪型にしたら、ただでさえとても似ていた母、そして伯母に益々似て見えて自分でも気味が悪い…。母と伯母は結構似ているんだけど、そのどちらにも見えるもんだから鏡を見て、しばしばドッキリ。

 特に今日は法事で喪服を着ていたもんだから、余計にそう感じたちゃった。今日の法要は、メェメェ一族のだから母も伯母も無関係で、いるはずがないのに、鏡の向こうにいるんだもん。ま、一番ビックリしていたのはメェメェ様だったけどねー。「キミの一族(母は3人姉妹)は、ソックリだよ」と。最も、そんなメェメェ3兄弟もソックリなんだけどさ〜。あははー☆
posted by スマイリー at 22:30| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

ペットを飼ってみました

 随分昔、就職活動をし始めたころだから10年以上前になるけれど、ポストペットなるものが流行った。ウサギとかロボットとか8種類くらいのペットが選べて、そのペットがメールを運んでくれるというもの。私はネコを選んで、名前をピカチュウにしたら、友達から「ピカチュウってのは種族の名前でしょ?それはおかしいよ。自分ちの飼いネコに“ネコ”って名付けるようなもんなんだよ?」と突っ込みを入れられたっけ…。

 ペットを可愛がるかそうでないかによって、性格が形成されるらしく後輩のカメは「殺すぞ」と言ったり、拾ってきたアイテムの中のライターで火を噴いたりと凶暴化してしまった記憶が…。そういえば、私のピカチュウも時々勝手にメールを書いてきて「しつもん。人間はどうやって作るのですか?」とか「拾う神あれば捨てる神あり」なんて、「?」な経験をしたっけ。

 私がそこそこ可愛がったせいか、ピカチュウは逃げ出したりせず、周囲にポスペをやっている友達がいなくなった後も、部屋の中でウロウロしていた。2年前、今のパソコンに変える際に、データを移すのが面倒で結局そのままになってしまったのだけれど…。

 また、あんな風に飼ってみたいな〜、と思っていたら、先日ブログペットなるものを発見。ポスペと違って、ペットがメールを運んだりするわけじゃないから、周囲にペットを飼っている人がいなくても影響はないし〜、と飼ってみることにした。

 何でも、私のブログを読んで言葉を覚えていくらしい。病気に関するブログなだけに、覚えて欲しくない言葉もあるんだけどな〜。「ノルバ飲んだ?」とか「主治医に宜しく♪」とか言われちゃったりして…。頻出語句から覚えていくのかしらん?それなら、毎回の記事に必ず「メェメェ様、万歳!」とでも書いてみよか(笑)。ま、今後どんなペットに育っていくのか、期待半分、不安半分だけど、画面の横でピョンピョン跳ねている姿を見ると、それだけで心が和むわぁ〜。
posted by スマイリー at 17:20| Comment(6) | カタルシス(私の癒し) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

癒しの水?

 私が笑い上戸なだけなのか、メェメェ自身が独特のキャラをしているからなのか、或いは両方なのか…。ともかく、笑うことは免疫力のアップに繋がって良いらしい。ものの本によると、作り笑いでもいいらしい(?_?)本当かしらね。作り笑いして免疫力アップって…リアルに想像するとそれだけで、可笑しなことに思えちゃ〜う。

 ま、そんな前置きはどーでもいいとして、昨日の夜私が笑ってしまったことを。あくまでも、私が可笑しいと思っただけのことだから、他の人の免疫力アップにも貢献出来るという保証は全くありませんがね。

 元々メェメェは寝ながらヨダレを垂らしやすいようだ。「丑年だからか?」と余計な疑問を抱きつつも、昨晩もヨダレを拭うためにティッシュを引き抜く音を聞いていた。で、ついついからかってみたくなって言ってみた。

私「またヨダレ垂らしたんでしょう?」
メ「ち、違うよッ!」
私「じゃ、何拭ってるの?」(←ちょっと意地悪?)
メ「…セイスイが枕から湧き出てきたんだ!」
私「はぁっ?聖水?聖なる水、という意味?」(RPGに出てきそう…)
メ「…そう…」
私「へぇぇ〜。で、その聖水にはどんな効果があるわけ?」
  (HP回復しちゃったりするのかな?)
メ「うーん…なかなか難しいことを聞くね…」
私「だって聖なる水でしょ?」
メ「ヒツジが寄ってくる効果があるんだ!」
私「……」(しばし、爆笑)

 「(聖水のことを)ブログに書いてもいい?」と聞いたら「ダメ」と言いながら寝てしまったけど、書いちゃうもんね〜。「最近、笑ってないわ…」と思った時に、このブログ読み直して免疫力アップさせちゃお、という目的だから、いいわよね?メェメェ様?

 あ、そうそう、“聖水”のしみ込んだ枕カバー、洗濯しなくっちゃ。それとも、本当にヒツジが寄ってくる効果があるのかを確認するために、枕カバー持参で「お帰りなさぁーい!」と出迎えてみようか?早く帰ってこないかなー?
posted by スマイリー at 19:00| Comment(4) | カタルシス(私の癒し) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

現金かしらね?

 今月もあっという間に過ぎ去っていこうとしているな。今日から2週間ほどは春休みだ。そーいえば、去年の今頃はホトフラによる寝不足に悩まされ、時々憂鬱な気持ちに陥りながら、セカオピに備えてあれこれ思いを巡らせていたんだっけ、と思い出す。時間にも心にもゆとりがある時に、過去の日記を読み返すのも、興味深いものだと思う。

 特に印象深かったのは、子どもについてのカテゴリ。手術直後は「親には心配掛けたし、孫の顔を見せられれば親孝行になるかしら」と思っていたフシがあった。だから取り敢えずは「一定期間ノルバ飲んでその後に子どもを希望しよう」と思っていたし、そのつもりでいたから、ノルバ服用中は、親やメェメェに対して「現在は妊娠することが出来ない」という罪悪感のような申し訳なさが常に心のどこかにあった。

 でも、ひょんなことからノルバを中止することになり、妊娠することが可能な状態になると…人間とは全く現金な生き物で「ま、別に、いっか」という心理に、つまり罹患以前の状態に戻ってしまった…。だって、仕事してテニスしてデートして…という具合に過ごしていたら、毎日、毎月があっという間だし、いざ子どもが出来たなんてことになったら、仕事もテニスもデートも(一時的にとはいえ)お預けになってしまうから。

 「産まない」のと「産めない」のとでは違う、という話をよく聞くけど、いざ「妊娠してもいいですよ」という状態になると、以前に感じた罪悪感はどこへやら、といった具合に。そしてこれまたよく聞くことだけど「やっぱり大病したからといって、そうそう価値観が変わるものでもないのだな」と苦笑交じりに思ったりなんかするのであった。

 やっぱり術後2年経つと、色々と落ち着いてくるのかもね。そして都合よく忘れてしまう部分なんかも出てきたりして…。ホルモン療法中は「『子どもを産んだけど再発』というのはイヤ」だけど「子どもを産まない選択をして、再発せずにずっとずっと長生きしたら『やっぱり子ども産んどけばよかった』と後悔しそうで、それはそれでイヤかも」と考えたこともあったけど、こう悩んでいたことが、懐かしい気すらしてくる…。
 
 こんな風に思ってしまうのは、私がずっとずっと以前から「子どもはいてもいなくても、どっちでもいいや〜」という価値観の持ち主だからなのかもしれないけど。ま、1〜2年前に悩んでいたことがいつの間にか解消されたのは、良いことだわね。
続きを読む
posted by スマイリー at 21:35| Comment(8) | 子どもについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。